飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

南アフリカワイン日記

「未分類」カテゴリーの日記一覧

南アフリカの古いセミヨンの不思議な話

今日は

世界不思議発見!

南アフリカのセミヨン編です。

 

#セミヨン

は17世期後半
オランダ人によって南アフリカに最初に持ち込まれた
ブドウ品種の一つ。

 

その後
19世紀前半には南アフリカのブドウの80%が
セミヨンだったと伝えられている。

当時のエース品種だったんですね。

 

実はそのセミヨンが

19世紀半ばには半数が

ピンク色のセミヨン・グリに変異していたとか。

 

現在は若干マイナー品種になっているが
南アフリカにはまだ古いセミヨンが残っている。
一番古いもので
#フランシュック
にある1902年に植えられた畑。

 

不思議なのは

通常グリーンのセミヨン・ブドウが
突然変異でピンク色になったり、
つまりセミヨン・グリになったり、
そして翌年またグリーンに戻ったり、
そんなことが起こっている。

こんな不思議な現象は

世界中探しても

南アフリカにしかないそうだ。

 

デカンター誌の記事の中には、

南アフリカはフランスなどに比べて暑く、

太陽の紫外線も強いので

ブドウ自身が身を守るために

色素を持ったのではないかと推測しています。

 

下の写真は、ブーケンハーツクルーフの

1936年に植樹されたセミヨンの畑。

左側がピンク色のセミヨン・グリ。

右側は通常の緑色。

 

もう15年以上前になるが

初めて
#ブーケンハーツクルーフ
のセミヨンを飲んだ時はショックだった。
フレッシュでありながら濃厚で厚みがあり

骨格もしっかりしている。

そして何層にも感じられる複雑味。

「こんなセミヨン初めて!」

だった。

 

実はこのセミヨン、

セミヨン・グリが混ざっていたのだ

(2017年ヴィンテージで12%程度混醸)。

それによってあの複雑さが表現されていたのだ。

実際はセミヨン・グリの赤い色素によって

僅かにタンニンが感じられる。

 

不思議で興味深い

#南アフリカワイン

の古いセミヨン。

 

歴史とミステリーに包まれた
そんなセミヨンは
#ブーケンハーツクルーフ や
#ダーマシーン で
体験して下さい。

 

↑ブーケンハーツクルーフのフランシュックにある

秘密のブッシュヴァイン・セミヨン畑(1936年植樹)

↑畑に立つブーケンハーツクルーフの醸造責任者

ゴッドフリード・モック

↑これが通常の緑色のセミヨン。

 

3分でわかる南アフリカワイン<4>自然環境とテロワール、シャルドネ

3分でわかる南アフリカワイン

<4>自然環境とテロワール

シャルドネ

3分でわかる南アフリカワイン<4>自然環境とテロワール、シャルドネ

#3分でわかる南アフリカワイン<4>自然環境とテロワール#シャルドネ少しずつ南アフリカワイン博士に近づいてきてますでしょうか?●テキストのダウンロードはリンク先で。https://masuda.southafricawine.jp/diary/2020/05/13/3分でわかる南アフリカワイン%ef%bc%9c%ef%bc%94%ef%bc%9e自然環境とテ/

南アフリカワインの魅力さんの投稿 2020年5月13日水曜日

 

少しずつ南アフリカワイン博士に近づいてきてますでしょうか?

●テキストダウンロード:

3分でわかる南アフリカワイン4

南アフリカワインツアー:2020年2/15~23

■日程:2020年2/15-23(9日間)

■旅行代金:398,000円(税込)←2人1部屋の料金。

■募集締切:2019年12/16(月)。

■対象:酒販店、飲食店、一般のワイン好きな方

■ツアー内容:状況により変更になる場合がございます。

詳しくは下記チラシも御覧下さい。

2020南アフリカワインツアーチラシ

南アフリカの様々な地域の生産者を訪問し、そのワインの魅力に迫ります。

訪問生産者:下記の16社。

アリステアヴィラフォンテカノンコップラステンバーグアタラクシア

ブーケンハーツクルーフポールクルーバージュリアンスカール

キャサリンマーシャルステレンラストラーツデイビッドナディア

シティオンアヒルグレネリーコンスタンシアグレンロングリッジ

毎日ワインばかりのツアーです。

観光、買い物の時間も少しあります。

ツアーの詳細は、随時情報追加していきます。

■最新情報:フェイスブック「南アフリカワインの魅力」、ツイッター@miyakeafrica

■問合せ/申込:

ウィル・トラベル:電話06-6377-3355

㈱マスダ 担当:三宅 電話:06-6882-1070

 

 

 

 

ページの先頭へ