飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

南アフリカワイン日記

「ポールクルーバー」カテゴリーの日記一覧

ポールクルーバー・ピノノワールに合う料理(動画)

#ポールクルーバー・オンライン・イベント
が近づいてきましたが、
 
#ピノノワール
に合うお料理の紹介です(動画)。
 
ポールクルーバーのピノノワールは
比較的ボディもしっかりしているので
しっかりしたお肉料理にも負けません。
 
美味しいおつまみを用意して
イベントに臨んでください。
 
#南アフリカワイン
#南アフリカワインをもう1本
#レシピ
#ワインに合う料理
 
8/18(火)19:30~

ポールクルーバーメモリーズ:エルギン・ピノノワールの誕生

「エルギン=冷涼地区:シャルドネ&ピノノワールの産地」
エルギンで最初のピノノワールは
1989年ポールクルーバーで植えられた。
そしてエルギンで最初に瓶詰されたピノノワール、
同時にポールクルーバーで最初のワインでもある
下の写真は、最初に植えられたピノノワールです。
そこに立っている人は、
シャトー・マルゴーの偉大な醸造家ポール・ポンタリエ(写真左)と
南アフリカの有名な栽培家アールンスト・ル・ルーです。
彼らは、その後のポールクルーバーにとって、
大切な遺産と言えるアイテムに育ったピノノワールに
大きな役割を果たしてくれました。

出典:https://www.facebook.com/paulcluver/posts/3180208098758785

 

■ポールクルーバー:オンライン・イベント

8/18(火)19:30~

「国際ピノノワールDAY」&

ポールクルーバーワイン日本導入20周年を記念しての

オンライン・イベントです。

ポールクルーバーワイン、産地であるエルギン、そして南アフリカのピノノワールについて

更に深く知ることが出来るセミナー付きです。

ポールクルーバーと一緒に乾杯しましょう。

詳細はリンク先でご確認下さい。

ポールクルーバーメモリーズ:(株)マスダ

みんな大好きポールクルーバー
日本導入20周年企画

●店名:(株)マスダ/輸入元

●名前:三宅 司

●役職/タイトル:バイヤー/セールスマネージャー

 

①ポールクルーバーワインの思い出

ポールクルーバーは、1999年に弊社が最初に南アフリカから輸入を開始した時のワインの一つで

その分、想い入れも強い生産者の一つです。

 

ポールクルーバーと言えば、シャルドネが有名ですが、

初めて購入したのはソーヴィニョンブランでした。

この素晴らしい香りに魅了されたからです。

「こんな美味しいソーヴィニョンブランを日本の人達に紹介したい」と思いました。

 

アポイントを取って、下の写真の左側のドクター・ポールクルーバー氏(当時の社長)を訪問しました。

ドクターは、社長らしい、ひじ掛け付きのフカフカの椅子に深く腰掛け、

こっちは、まあまあ緊張しながら恐る恐る

「今回ソーヴィニョンブランを購入したいのと、日本市場の独占販売権を下さい。」

と、お願いしました。

そうすると、

「いいでしょう。今後の販売計画を後日提出してください。」

と言って、当時たった600本しか買えなかったのに日本の輸入代理店の約束をもらうことが出来ました。

ポールクルーバーのワインは、今では年間何万本と輸入していますが、

当時は、たったの600本でも販売には苦労しました。

ポールクルーバー側もきっとなかなか注文が返って来ないな?

とイライラしてたことでしょう。

 

その後、ピノノワールを2つ目のアイテムとして追加し、

その次にシャルドネ、そしてゲヴェルツ(現在は生産中止)、リースリングとアイテムは増えていきました。

 

後から聞いた話ですが、

私が輸入のお願いをしに行った時は、

南アフリカでも個々のワイナリーが独自に輸出を始めた頃で

我々日本は、イギリスに続く2番目の輸出国だったのです。

偶然のタイミングの良さ、勢い、先方の寛容さ優しさのお陰で

始まったのでした。

 

その後は、お陰様で日本でも人気のブランドに成長していきました。

そんなポールクルーバーなので、

私にとっては足を向けて寝られない生産者です。

もし、ポールクルーバーと付き合っていなかったら

このワイン事業は続いてなかったかもしれないと今でも思います。

これまでずっと支えて頂いたポールクルーバー、そして日本のお客様に感謝いたします。

20年ありがとうございました。

また、次の20年に向けて努力して参ります。

 

②ポールクルーバーワインで好きなアイテム

やはり、シャルドネは人気の通りで優れていると思います。

南アフリカは素晴らしいシャルドネを多く生産している国ですが、

その中でも、また同社のフラグシップのセブンフラッグス・シャルドネは、

南アフリカで一番のシャルドネじゃないかな?と感じます。

他もどのアイテムも素晴らしいですが、

ノーブルレイトハーベスト(貴腐ワイン:現在欠品中)もまた、

ポールクルーバーらしい豊かな酸と残糖の絶妙なバランスで

南アフリカのトップ・デザートワインの1本だと思っています。

 

■ポールクルーバー:オンライン・イベント

8/18(火)19:30~

「国際ピノノワールDAY」&

ポールクルーバーワイン日本導入20周年を記念しての

オンライン・イベントです。

ポールクルーバーワイン、産地であるエルギン、そして南アフリカのピノノワールについて

更に深く知ることが出来るセミナー付きです。

ポールクルーバーと一緒に乾杯しましょう。

詳細はリンク先でご確認下さい。

ページの先頭へ