飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

南アフリカワイン日記

「ワインと料理のマリアージュ」カテゴリーの日記一覧

3分で分かる南アフリカワイン<2>南アフリカワインと環境対策、リースリング

<2>南アフリカワインと環境対策
リースリング
#ワイン動画

3分でわかる南アフリカワイン

#3分でわかる南アフリカワイン<2>南アフリカワ環対策#リースリング1回目よりは上達しました。自撮り#ワイン動画#南アフリカワインテキストは下記リンク先でダウンロードできます。https://masuda.southafricawine.jp/diary/2020/05/04/3分で分かる南アフリカワイン%ef%bc%9c2%ef%bc%9e南アフリカワイ/

南アフリカワインの魅力さんの投稿 2020年5月3日日曜日

 

1回目より上達したかと思います。
このシリーズ

毎回見て行くうちに
南アフリカワインの
博士になります。
楽しんで下さい。

 

●テキストダウンロード:

3分でわかる南アフリカワイン2

3分で分かる南アフリカワイン<1>歴史、シュナンブラン

<1>歴史
シュナンブラン

ワイン動画

#3分でわかる南アフリカワイン<1>歴史#シュナンブラン自撮り。#ワイン動画1回目としては65点くらいの出来ですみません。ちょっと時間的に焦りました。だんだん慣れて上手くなるのでお許しを。シリーズ化します。見て行くうちに#南アフリカワイン の博士になります。楽しんで下さい。

南アフリカワインの魅力さんの投稿 2020年5月1日金曜日

1回目としては65点くらいの出来ですみません。
ちょっと時間的に焦りました。
だんだん慣れて上手くなるのでお許しを。
シリーズ化します。

見て行くうちに
南アフリカワインの
博士になります。
楽しんで下さい。

 

映像の中で言うの忘れてたけど、

シュナンブランの紹介で

①<②<③の順でボディ、ミネラルも強くなります。

①の方が優しいです。

 

●テキストダウンロード:

3分でわかる南アフリカワイン1

南アフリカワイン:主な産地、ブランド、テロワール、ヴィンテージの違い

南アフリカの主な産地とブランド、ヴィンテージについてまとめました。

あくまで私(三宅)のこれまでの経験と見解です。

それでも、スタッフやお客様に少しでもヒントになれば幸いです。

参考程度に捉えて頂ければと思います。

 

我々は、ワインの味やテロワールを理論的に定義することにより、

自分自身も、またお客さんや他人に話す時も

「分かりやすく」理解/伝えることが出来るので、

無理矢理(強引に)当てはめてしまいがちなこともある。

従って、以下も感覚的な部分が多々あることをお許し頂きたい。

ワインの味わいに関しては、酸、果実味、ミネラルは、全体のバランスの中での
相対的なものなので、絶対ではない。

 

周知の通り、ワインは、土壌、気温、降水量、地形など

周囲の自然環境によってワインの味に影響します。

また、栽培や醸造過程において、人が介入する部分もあって、

最終的な商品として出来上がる。

従って、ワインの味わい=100%テロワールということではない。

 

ステレンボシュに関しては、ワイナリーも多く、

より小さなワード(地区)も少し記載した。

他のエリアもワードがありますが、

私もまだ細かなワードの違いを理解していないので省いています。

 

テロワールの要素として、

畑の斜面は、南や東が涼しく冷涼、北や西向きは温かい。

標高は100m上がる毎に平均気温は1度下がる。

土壌は花崗岩はミネラルを多く感じる。

頁岩や粘土はワインに骨格やボディを与える。

 

ワインと相性料理に関しては、

ワインは西洋文化なので洋食に合うのは当たり前。

私は、果実味の強いワインはフレンチなどの洋食系に、

ミネラルの強いものは和食によく提案しています。

フレンチなどは、オレンジソース、ベリーソースなど

果物を使った酸と甘みを感じるソースもあり、

果実味の強いワインをお勧めしています。

反対に和食はフルーツソースはあまりなく、

塩、しょうゆ、酒、味噌などの調味料や

魚や昆布、椎茸などの旨みが中心になるので、

ミネラルが強く感じるワインを提案しています。

イタリアンは難しいですが、フレッシュな和食の要素もあります。

最近は、和食も寿司、天ぷら、焼鳥、焼肉なども塩で食べることもあり、

これらのお料理には、ミネラルの強いワインを提案する場面も増えています。

 

●南アフリカの主なワイン産地マップ

 

■ステレンボシュ:

200以上の生産者が存在し、南アフリカワインのメッカでもある。

7つのワード(地区)に別れている。

海あり、山あり、起伏に富み、様々な地形がある。

年間降水量600-1200ミリ。

シュナンブラン、シャルドネ、ソーヴィニョンブラン、

カベルネソーヴィニョンも有名で、その他、ボルドー赤品種、

シラー(シラーズ)、ピノタージュなど、様々な品種が植えられている。

白ワインの果実のイメージは、グレープフルーツなどの柑橘系から

梨、桃、トロピカルフルーツなど。

ステレンボシュのワインは、一言で表すならバランス感。

酸と果実味のバランスが良く、平均点の高い、

従って、ワイン入門者からベテランまで幅広い層に提案しやすい。

★参考地図:ステレンボシュ-ワード

 

<ワード(地区)>

●シ(サイ)モンズバーグ-ステレンボシュ:

標高200-500m。年間降水量650ミリ。

南西向き斜面が多い。

カベルネソーヴィニョンを中心とした赤ワイン地帯。

ステレンボシュの中では比較的タンニンを強く感じる。

例)ラステンバーググレネリーカノンコップワーウィック

 

●ポカドライ・ヒルズ:

標高60-400m。年間降水量830ミリ。

南、南西向き斜面が多い。

海にも近く、ワインに酸をしっかり感じる。

また、ステレンボシュの中では一番ミネラルを強く感じる。

(例)ラーツボッシュクルーフライナカ

提案先は、ワイン入門者よりワインに精通している人向け。

 

●ボタラリー:

標高120-200m。年間降水量650ミリ。

北向き(温かい)斜面が多い。

上記ポカドライとシモンズバーグの間にあり、

味わいもちょうど間の感じ。

酸もあるし、温かい果実味も感じる。

例)ステレンラストハーテンバーグ

ワイン入門者でも分かりやすいワイン。

 

●バンフック:

200-500mと標高が高く、降水量は年間1000ミリと豊か。

南向き(冷涼)斜面が多い。

酸もあり、果実味もある。両方が高いバランスをとっている。

例)レインボーズエンド

 

●ヘルダーバーグ:

標高60-400m。年間降水量760ミリ。

海に近くステレンボシュの中では比較的冷涼。

ステレンボシュの中では、ハーブ、ミント、鉛筆の芯(赤ワイン)など

グリーンノートを一番感じる地区。良い意味ではフレッシュでエレガントに感じるし、

人によったら青みが嫌いな人もいるかもしれない。好き嫌いが出やすい産地かもしれない。

例)ブーケンハーツクルーフ・ステレンボシュ・カベルネロングリッジ

キアモントドルニエウォーターフォード(左記3社は、一部の畑がヘルダーバーグ地区)、

 

★相性料理:ポカドライなど、ミネラルを強く感じるものは和食に。

ヘルダーバーグのロングリッジは、和食でも良い。

その他、果実味の強いものはフレンチなどに。

 

■エルギン:

標高200-600m。年間降水量は1000ミリ前後と豊か。

山に囲まれた盆地で、海風が山にあたり雲が発生し易く、

南アフリカで最も雲りの日が多い地区。

雲により直射日光を遮ることができ、涼しい日が多い。

また、標高も高いため、昼夜の寒暖さが大きい。

夜はかなり冷える。

シャルドネ、ピノノワール他、白ワインの産地。

白ワインの果実のイメージは、レモン、ライム、グレープフルーツなどの柑橘系。

ワインの酸はシャープ。

例)ポールクルーバーキャサリンマーシャルジュリアンスカール・エヴィデンス

★上記3社は、全て酸のしっかりしたワインですが、

ポールクルーバーとジュリアンスカールは、

果実味が強く、料理はフレンチ向き。

キャサリンマーシャルは和食にも提案し易い。

 

■ウォーカーベイ/ヘメルアンアード:

標高50-400m。

海に近く、昼夜を通して冷涼。

シャルドネとピノノワールの銘産地。

白ワインの果実のイメージは、レモン、ライム、グレープフルーツなどの柑橘系。

ワインの酸はエルギンと同じくシャープ。

アタラクシアは、ミネラルを強く感じ、

ジュリアンスカール・コンフルエンスは、海の塩を感じる。

★共に和食への提案も可能。

 

■コンスタンシア:

南アフリカで最も古いワイン産地。

周囲3方を冷たい海に囲まれ、冷涼気候。酸もしっかりしている。

年間降水量も1000ミリ前後と十分にあり、灌漑の必要が少ない。

ソーヴィニョンブランを中心に白ワインの産地。

白ワインは、フレッシュで比較的瑞々しい(ワインに水分を感じる)

少し線の細い、日本ワインの白に近いスタイルのワイン。

例)コンスタンシア・グレン

★料理提案は和食でも良い。

 

■スワートランド:

①スワートランド・インデペンデント・プロデューサーズ(SIP)の

メンバーらの活躍で近年素晴らしいワインを産出している。

暑く乾燥したエリアで、降水量と400ミリと少ない。

古くからブッシュヴァインが多く、古木も多く残っている。

灌漑無しの所も多い。

テロワール主義、不干渉主義など、SO2以外は何も入れない

ナチュラル系ワインも多い。

暑いエリアなので、酸を残すため、比較的早めに収穫している。

従って、果実味よりミネラルを強く感じるワインが多い。

★提案料理としては和食も良い。

例)デイビッド&ナディアシティンオンアヒルヴィルダーハースト

 

②それ以外として、比較的果実味もしっかりしている生産者もある。

例)リーベック

 

※ブッシュヴァインの長所短所:

ブッシュヴァイン(株仕立て)は、垣根式に比べて、自然とブドウの出来る数が減り、

凝縮した果実が出来る。しかし、ブドウが地面に近いため、地熱が伝わる、

農作業もしんどいなどのネガティブな意見もある。

写真は、ステレンラスト(ステレンボシュ・ボタラリー地区)のサンソーのブッシュヴァイン。

 

■パール:

ステレンボシュの北側にあり、比較的温かく、

酸は穏やかで果実味のしっかりしたワインも多い。

白はシュナンブランなど。赤はカネルネソーヴィニョン、シラー(シラーズ)、ピノタージュなど。

味わいとして、ブラハムはパールの中ではクールでドライだが、マンは少し甘みも感じる。

 

■フランシュック:

盆地で昼夜の寒暖さがある。

気温は場所により温かい所、比較的冷涼な所がある。

酸は穏やか。

例)ブーケンハーツクルーフ

 

■ロバートソン:

盆地で昼夜の寒暖さがあり、乾燥した地区。

ワインは果実味がしっかりしている。酸も程よくあり。

シャルドネ、カベルネソーヴィニョン、シラー(シラーズ)などが有名。

例)ロバートソン

 

■トゥルバッハ:

盆地で昼夜の寒暖さのある地区。
ワインは果実味がしっかりしている。

例)クローヌ

 

★参考地図:●南アフリカ2月の平均気温

 

■最近のヴィンテージについての個人的な感想。

<2015年>
南アフリカワインの過去30年でも
最高ヴィンテージと言われる。
ステレンボシュや他のエリアでも赤ワインに
美しいタンニンと引き締まった骨格を感じる。

買っておくべきヴィンテージ。

 

<2016年>
水不足で乾燥した年。
2015年より大人しく、優しい骨格のヴィンテージ。

 

<2017年>
2年連続の水不足で乾燥した年。
2015年にも負けないグレートヴィンテージ。
カノンコップの赤ワインなどを見ても
2017年は素晴らしいし、

特にステレンボシュやその周辺地域の2017年は秀逸。

買っておくべきヴィンテージ。

 

<2018年>
3年連続の水不足で乾燥した年。

スワートランド、ステレンボシュなどで、

いつもの年より
甘みを感じたり、
濃厚な色になっている物が見受けられる。

酸も少し弱い、
気を付けて見ないといけない△のヴィンテージ。
一方、エルギンやへメルアンアードなど、
冷涼地区は、別に悪くないし、
それほど影響受けている様子はない。
2018と2017では、
平均すると2017ヴィンテージを取るべきかと。

 

<2019年>
水不足も少し解消したが本来の水位まで回復していない。
白は2018年よりみずみずしく生き生きとしていて良い。
赤はまだリリースされてない物も多く、
今後見ていかなければならない。

 

<2020年>
水不足の問題も水位70%まで回復した。
あまり暑くなく、冷涼な年。
グレートヴィンテージになる可能性あり。

以上、御参考に。

上記の情報は、まだまだ中途半端ではありますが、
今後、随時修正、追記、更新していきたいと思います。

 

<参考文献>

https://winemag.co.za/wine/opinion/tim-james-does-terroir-matter/

https://www.wosa.co.za/The-Industry/Winegrowing-Areas/Winelands-of-South-Africa/

http://www.magistervini.nl/lmbinaries/arjen_pleij_mv_scriptie_stellenbosch_englisch.pdf

ページの先頭へ