飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

南アフリカワイン日記

「ワインと料理のマリアージュ」カテゴリーの日記一覧

キャサリンマーシャル・リースリング2020

キャサリンマーシャル・リースリング2020

新ヴィンテージになりました。

とても綺麗で

相変わらずの出来栄えです。

キャサリン曰く

「過去最高のヴィンテージ」だと。

 

キャサリンのワインは

ワインスクールでも使えそうなくらい

各品種ごとにきっちりと特徴を表現している。

 

■エルギン産ワイン:

冷涼地区の同じでエルギン産でも

ポールクルーバーは陽。

果実の主張が強く分かりやすい。

私はよく洋食屋さんに提案しています。

 

一方、キャサリンは控え目で陰。

その分合わせる料理の幅は広く和食にも提案しています。

寿司、特にイワシや味など青魚系に良く合わせます。

 

北斗の拳で言えば、

ラオウVSトキ

ですかね。

 

■リースリングとペトロール香の関係:

キャサリン曰く

リースリングは繊細で腐りやすいブドウ。

従って畑では葉をちぎって風を通しブドウに太陽を当てる。

そうするとペトロール香が出やすい。

彼女は腐っても良い覚悟で葉を残し

ギリギリまで太陽をブドウに当てない。

そうすることで冷涼な気温を保ちながらブドウが成長する。

従って、彼女のリースリングはペトロール香が少ない。

美味しく気持ちよく飲める。

 

■2020年ヴィンテージ:

まだまだ2020年ヴィンテージの試飲は数少ないですが

各社とも平均して良いですね。

ジュリアンスカール・マウンテンヴィンヤーズ・シャルドネ2019&にしんちっぷ

ジュリアンスカール・マウンテンヴィンヤーズ・シャルドネ2019

新ヴィンテージになりました。

豊かな酸とふくよかな果実味

樽の風味を感じさせない

相変わらずの素晴らしいバランス。

フランス人が作る

南アフリカ産のシャルドネ。

 

先日

個人的にもよく出来ているなと思う

弊社扱いの「にしんちっぷ」と

どのワインが合うやろ?

 

色々試してみましたが

このジュリアンスカールのシャルドネが

いちばんピッタリ来ました。

 

他にはウイスキーやハイボールもお薦めです。

「北海道加工」にしんちっぷスモーク

<新商品>カノンコップ・カデット・カベルネソーヴィニョン2018

【商品紹介】
ブラックベリー、ブルーベリー、カシス、削った鉛筆の芯、フレッシュなハーブ、
オーク由来のスパイスなどの香り。
フレッシュで豊かな酸、細かいけれどしっかりとした渋み、
ボディはミディアムからフルボディで締まっている。
フルーティな果実味が豊かでとても美味しく、口あたりは柔らかく滑らか。
余韻は長く、豊かな果実の風味は最後まで続く。
カベルネソーヴィニョン100%でも非常にバランス良く出来ていて、
口あたりは飲みやすく、程よい渋みが心地良い。
「さすがカノンコップ!」。
やはり、このカデット・レンジでも完璧に仕上げてきている。
改めてカノンコップの凄さ、安定した品質、パーフェクトな商品作りを感じることが出来た。
実際には2020年時点ではまだ若々しいが、
数年の熟成を経て、落ち着き、重心が低くなってきたら
「このカデット・シリーズでも十分ではないか?」と
思わせるような凄いワインに変身しそうなポテンシャルを感じさせる。
カノンコップのカデット・シリーズにまた新しい素晴らしいアイテムが加わった。
税別小売2,750円。
【発売】
2020年9/25から11/5まで、
大阪梅田の泉の広場、
で先行発売。
10/5から一般発売。
カノンコップ特徴】
●名門・伝統のクラシック・ボルドー・スタイル
●ブドウは古い樹齢
●コンピューター制御による完璧なブドウの選果
●オープンタンクでの2時間おきのパンチダウン(人と機械)
●世界最優秀醸造家を3回受賞したレジェンド、アブリーの存在
●パーフェクト・プロダクト
下記ビデオ参照。

ページの先頭へ